信用取引講座>2013年11月5日から空売り規制が解除、詳しい規制解除内用のまとめ

2013年11月5日から空売り規制が解除、詳しい規制解除内用のまとめ

2013年11月5日より、これまで実施されていた信用取引における「空売り規制」が緩和されることになりました。ここでは、その規制緩和に関する内容とそれによってどんな相場への影響が考えられるのかということを詳しくまとめていきます。

ダウンティックでの空売りが可能に

最大のポイントはダウンティック(現在より低い価格)での空売りが解禁されたということが挙げられます。

これまで、機関投資家は現在の呼び値以下の価格で空売りをすることはできませんでした。個人投資家でも51単位以上のダウンティックでの空売りは禁止されていました。
ようするに、現在の株価が200円の株を200円以下の指値(または成行)で空売り注文をすることは禁止されていたわけです。

これが11月5日より緩和されて、空売りが可能となります。ただし、今後も51単位以上の成り行きによある空売りは取引所の規制により行えないようです。

 

10%以上下落するとトリガーに抵触して規制発生

また、特定の銘柄が10%以上下落した場合にはトリガー抵触となり、空売り規制が発生します。この場合は従来と同様にダウンティックでの空売りが禁止されることになります。
くわしくは「空売りのダウンティック規制」をご覧ください。

 

相場への影響について

もともと空売り規制は相場の売り崩し等による大幅下落を抑えることを目的でつくられたものです。
空売りがダウンティック価格で可能になると、大量の空売り注文を出し相場を下落させることができるようになります。

そのため、規制緩和によって株価の変動がより極端になる可能性があります。何らかの相場に悪影響を及ぼすことが発生すると、売りが売りを呼ぶ展開にさらに空売りが加わることで相場が大きくマイナスとなるリスクが考えられます。

スポンサーリンク

信用取引おすすめ証券会社

証券会社ごとのスペック比較などは「信用取引におすすめの証券会社比較ランキング」をご覧ください

SMBC日興証券

SMBC日興証券の特徴はネット取引の信用取引手数料が「無料」となっている点です。取引手数料が無料なのでアクティブな信用取引に最適です。信用取引にお勧めの証券会社。
信用取引手数料(100万円):無料
信用金利(買方):2.50%
>>SMBC日興証券詳細情報