信用取引講座信用取引の基礎知識信用取引の基本用語>委託証拠金とは

委託証拠金とは

委託証拠金とは、委託保証金とも呼ばれるもの。信用取引を行う上で、投資家が証券会社に預けている現金ならびに、代用有価証券に代用掛目を掛けたものの合計額。投資家が信用取引をする際に利用できる投資額の決定に使われる。


スポンサーリンク

委託証拠金

委託証拠金は、証券会社に預けている現金や代用有価証券の合計額を指します。証券会社と信用取引口座(契約)を結んだ場合、証券会社に預けている資金(現金)や現物株式や債券などの有価証券が自動的に対象となります。

例えば、現金として100万円を預けている場合は、この100万円が委託証拠金(保証金)となります。ちなみに、通常証券総合口座を開設している場合、証券会社に資金を預けると「MRF」と呼ばれる投資信託に自動投資されていたかと思いますが、信用取引契約を結ぶとMRFは解約され「預かり金」になります。
(関連:MRFとは

また、こうした現金に加えて「代用有価証券」という部分も委託証拠金に加えられます。代用有価証券は、その証券会社に預けている株券や債券などの有価証券に「代用掛目」と呼ばれる係数が掛けられたものが「委託証拠金」として参入されます。

委託証拠金率(委託保証金率)

こうして計算された委託証拠金を、それぞれの証券会社が定める「委託証拠金率」で除した額が信用取引可能な金額として計算されます。
委託証拠金率は、証券会社が独自に定めることができますが、最低水準については法令により定められており30%となっています。

委託証拠金÷委託証拠金率=信用取引で投資可能な金額

以上のような計算式となるため、委託証拠金率が低く設定されている証券会社ほど、より少ない証拠金(保証金)でより大きな取引ができるということになります。なお、この委託証拠金率は信用取引を行った後、投資した対象が含み損を抱えたり、預けている「代用有価証券」に損失が出るなど下場合、委託証拠金が減少することになります。詳しくは「委託証拠金維持率と追証」をご覧下さい。

 

スポンサーリンク

信用取引おすすめ証券会社

証券会社ごとのスペック比較などは「信用取引におすすめの証券会社比較ランキング」をご覧ください

SMBC日興証券

SMBC日興証券の特徴はネット取引の信用取引手数料が「無料」となっている点です。取引手数料が無料なのでアクティブな信用取引に最適です。信用取引にお勧めの証券会社。
信用取引手数料(100万円):無料
信用金利(買方):2.50%
>>SMBC日興証券詳細情報