信用取引講座信用取引と相場への活用信用取引に関する規制>空売りのダウンティック規制(空売り規制)

空売りのダウンティック規制(空売り規制)

空売りのダウンティック規制というのは、個人投資家が特定の銘柄を空売りする場合に掛けられている規制です。原則として空売りをする際に現在は規制はありません。ただし、当日の基準価格よりも10%以上低い価格で約定が発生した場合にトリガー抵触となります。その場合は空売りに対してのダウンティック規制が発生します。

※この規制は2013年11月5日に一部改正されています。詳しくは「こちら」の記事でまとめています。本内容は2013年11月5日以降の規制内容についてまとめています。


スポンサーリンク

10%以上の相場下落でダウンティックルール発生

当日基準価格から10%以上低い価格で約定が発生した場合、トリガー抵触となります。

※基準価格
通常、前日の終値が当日の基準価格となりますが、取引終了時に特別気配等が表示されていた場合、その気配価格が当日の基準価格となります。

トリガーに抵触すると当日の取引時間中および翌営業日の2日間にわたって空売り規制ルールが適用されることになります。相場上昇局面では現在値より下の価格での空売りが禁止、相場下落局面では直近価格およびそれより下の価格での空売りが禁止されることになります。

 

スポンサーリンク

信用取引おすすめ証券会社

証券会社ごとのスペック比較などは「信用取引におすすめの証券会社比較ランキング」をご覧ください

SMBC日興証券

SMBC日興証券の特徴はネット取引の信用取引手数料が「無料」となっている点です。取引手数料が無料なのでアクティブな信用取引に最適です。信用取引にお勧めの証券会社。
信用取引手数料(100万円):無料
信用金利(買方):2.50%
>>SMBC日興証券詳細情報