信用取引講座信用取引と相場への活用信用取引に関する規制>売り禁(新規売り建ての禁止)

売り禁(新規売り建ての禁止)

売り禁(新規売り建ての禁止)とは、貸借銘柄において新規の売り建て(空売り)を禁止する措置です。措置は証券金融会社(日証金)がおこないます。この規制となった場合には、空売りが不可能となります。また、信用買いをしている場合現引きが不可となります。


スポンサーリンク

売り禁(新規売り建ての禁止)がかかる条件・要件

売り禁(新規売り建ての禁止)は基本的に、「貸し株注意喚起」が出ている銘柄の需給がさらにタイとになり、日証金(証券金融会社)が株券の調達が困難になった場合におこなわれます。(また、実際にはなっていなくてもそうなることが予測された場合にはおこなわれます。また、貸株注意喚起を経ずにいっきに売り禁となる場合もあります。

売り禁(新規売り建ての禁止)になると株価はどうなる?

売り禁後の売り玉(売り建てしているポジション)は金の玉と呼ばれることもあるように、株価下落につながりやすいとされています。しかし、実際には売り禁後も相場が上昇するケースも多く、一概に下がるとは言えません。
売り禁が出るということは相当に需給が逼迫しており高額な「逆日歩」が発生していたりする場合にはかえって踏み上げ狙いの買いが入るような場合もあるからです。実際には、そのときの状況を見て見なければなんとも判断できないというのが基本的なスタンスといえるでしょう。

 

スポンサーリンク

信用取引おすすめ証券会社

証券会社ごとのスペック比較などは「信用取引におすすめの証券会社比較ランキング」をご覧ください

SMBC日興証券

SMBC日興証券の特徴はネット取引の信用取引手数料が「無料」となっている点です。取引手数料が無料なのでアクティブな信用取引に最適です。信用取引にお勧めの証券会社。
信用取引手数料(100万円):無料
信用金利(買方):2.50%
>>SMBC日興証券詳細情報