信用取引講座信用取引と相場への活用信用取引の種類>制度信用取引とは

制度信用取引とは

制度信用取引(せいどしんようとりひき)とは、証券取引所という株取引を行う場所が定めているルールによる信用取引です。一般的に特に指定せず「信用取引」と呼ぶ場合はこちらの制度信用取引のことを指します。ルールはどの証券会社でも共通です。


スポンサーリンク

制度信用取引のしくみ

制度信用取引とは信用取引における基本取引です。

制度信用取引の取引概要図

まずは、貸借取引について説明します。
貸借取引とは、証券会社が顧客投資家からの信用取引注文を受け付けた場合に、必要となる資金(信用買い・買い建て時)や株券(空売り・売り建て時)などを証券金融会社が証券会社に貸し付ける取引のことを指します。
例えば、ある投資家がトヨタ自動車の株式を1000株空売りしたいという場合、証券会社はトヨタ自動車の株式を投資家に貸し付ける必要がありますが、証券会社が調達できない場合は証券金融会社と呼ばれる会社から株券を調達することができます。こうした株券の貸し借りを「貸借取引」と呼びます。なお、貸借取引が可能なのは証券取引所が「貸借銘柄」として定めた銘柄のみです。つまり、貸借銘柄以外の銘柄については空売りをすることはできません。
(関連:証券金融会社とは

制度信用取引の特徴・基本的なルール

制度信用取引における基本的なルールをまとめました。

売買可能な銘柄
・信用銘柄(証券取引所が定めた銘柄。信用買いのみ可能)
・貸借銘柄(証券取引所が定めた銘柄。信用買い、空売りの両方が可能)

建て玉期間(決済期限)
買い付け(空売り)から6ヶ月以内。6ヶ月を経過すると強制的に反対売買により決済される。

手数料・金利・貸株料
手数料は個別の証券会社により異なるが、金利・貸株料は証券取引所の規定によりどの会社でも同一となる。

 

スポンサーリンク

信用取引おすすめ証券会社

証券会社ごとのスペック比較などは「信用取引におすすめの証券会社比較ランキング」をご覧ください

SMBC日興証券

SMBC日興証券の特徴はネット取引の信用取引手数料が「無料」となっている点です。取引手数料が無料なのでアクティブな信用取引に最適です。信用取引にお勧めの証券会社。
信用取引手数料(100万円):無料
信用金利(買方):2.50%
>>SMBC日興証券詳細情報