信用取引講座信用取引の基礎知識信用取引の基本用語>貸借銘柄とは

貸借銘柄とは

貸借銘柄(たいしゃくめいがら)とは、証券金融会社が証券会社に空売りのために融通することができる株式銘柄の事を指す。


スポンサーリンク

貸借銘柄と貸借取引

貸借取引とは、制度信用取引において証券会社が自社の顧客投資家が株式の空売り注文を出した場合、証券会社が該当する空売り分の株式を融通できない場合に、証券金融会社が株券を融通する取引を指しますが、この取引ができる銘柄は証券取引所が定めています。

この証券取引所により定められた銘柄を貸借銘柄とよびます。貸借銘柄に指定されている銘柄については、証券金融会社が株券を融通することができます。簡単に考えると、貸借銘柄とは制度信用取引で空売りをすることができる銘柄と考えると分かりやすいです。

ちなみに、貸借銘柄にしていされている銘柄については、証券金融が市はにおける融資残高(いわゆる信用残高)が毎日公表されており、株式の需給面での動向を探る上でのデータとしても投資情報として利用されています。
(関連:信用残(信用取引残高)と株価

 

スポンサーリンク

信用取引おすすめ証券会社

証券会社ごとのスペック比較などは「信用取引におすすめの証券会社比較ランキング」をご覧ください

SMBC日興証券

SMBC日興証券の特徴はネット取引の信用取引手数料が「無料」となっている点です。取引手数料が無料なのでアクティブな信用取引に最適です。信用取引にお勧めの証券会社。
信用取引手数料(100万円):無料
信用金利(買方):2.50%
>>SMBC日興証券詳細情報