信用取引講座信用取引と相場への活用信用取引に関する規制>信用取引の日々公表

信用取引の日々公表

いわゆる「日々公開銘柄」となります。証券取引所が指定するもので「規制」ではありません。単に売買量が多い、売買が活発な信用銘柄を日々公表銘柄とすることにより、毎日の信用取引残高が公開されるようになります。ちなみに、日々公開銘柄でない銘柄は週1回の公開です。


スポンサーリンク

日々公表銘柄(日々公開銘柄)になる条件・要件

日々公表銘柄とは、証券取引所による指定となります。信用取引における買い残や売り残を毎日公表する事で、信用取引における過度な売買が沈静化することを目的としています。
基本的には売買の量(出来高)が拡大したり、信用取引の占める割合が多くなるなどの条件を総合的に勘案して指定されます。

日々公表銘柄(日々公開銘柄)になるとどうなる?

基本的に日々公表銘柄(日々公開銘柄)となっても相場に対してはほとんど影響はでないと考えられます。ただし、指定後も出来高が増えたり、信用取引の残高や取引割合が増加した場合には追加規制がかかる場合があります。

 

スポンサーリンク

信用取引おすすめ証券会社

証券会社ごとのスペック比較などは「信用取引におすすめの証券会社比較ランキング」をご覧ください

SMBC日興証券

SMBC日興証券の特徴はネット取引の信用取引手数料が「無料」となっている点です。取引手数料が無料なのでアクティブな信用取引に最適です。信用取引にお勧めの証券会社。
信用取引手数料(100万円):無料
信用金利(買方):2.50%
>>SMBC日興証券詳細情報