信用取引講座信用取引の基礎知識信用取引の基本用語>反対売買とは

反対売買とは

現物株取引における売却に相当するものです。信用取引の場合、買い建て、売り建てしている玉は投資した投資家のものではなく、資金や株券を借りて投資をしているため、買い建てをしている場合は、株を売却する。売り建てをしている場合には、株を買い戻すという売買注文を出す事で、建て玉を解消するというものです。


スポンサーリンク

反対売買の意味

反対売買という概念は、信用取引やFX(外国為替証拠金取引)、オプション取引、先物取引と言った顧客自身の投資資金だけで投資を行うものではなく、権利の売買や第三者より資金を借りて行う取引などの場合で、現在保有してるポジションをその反対の取引を行うことで相殺するという方法です。

例えばある商品を5万円で買う契約という形になるわけです。しかし、その後価値が変わりある商品の価格が5万5千円に値上がりしたとします。通常の取引で言えば、(1)商品を5万円で購入、(2)買った商品を5万5千円で売却。という流れになるのですが、反対売買とは、ある商品が5万5千円で取引されているということは、5万5千円で売る契約をしてしまえば、買いの契約と売りの契約が相殺されて、5千円の利益がでるという形になります。これが反対売買です。
反対売買を行う場合、買いの場合は売りとの差額をやり取りします。このため「差金決済」とも呼ばれます。

 

スポンサーリンク

信用取引おすすめ証券会社

証券会社ごとのスペック比較などは「信用取引におすすめの証券会社比較ランキング」をご覧ください

SMBC日興証券

SMBC日興証券の特徴はネット取引の信用取引手数料が「無料」となっている点です。取引手数料が無料なのでアクティブな信用取引に最適です。信用取引にお勧めの証券会社。
信用取引手数料(100万円):無料
信用金利(買方):2.50%
>>SMBC日興証券詳細情報