信用取引講座信用取引の基礎知識信用取引の始め方信用取引の口座開設条件と審査>信用取引電話審査の内容

信用取引電話審査の内容

ここでは、信用取引口座の開設依頼をおこなった場合に、おこなわれる電話審査について一体どんなことが聞かれやすいのか?ということをまとめています。
ただ、ここで書いている内容については、当サイトの内容を一通り読んでいただければカバーできる内容となっている上、もし理解していなければ大きな損失となって投資家自身に帰ってくることになりますので、しっかりと理解しましょう。


スポンサーリンク

一般的な電話審査の質問内容

基本的に電話審査の内容は先方が聞いてくる内容で終ることが多いです。概ね以下の質問に答えることができればそれで終了するでしょう。
多くの場合、最初の方に先方の担当者がジャブ的な質問を打ってきます。その質問に的確に答えられていればあっさり質問も終るでしょう。個人的な事例では、早い証券会社の場合では5分くらいでした。

・委託証拠金維持率の計算方法はわかっているか?
・追証の仕組みはわかるか?
・追証が発生したらどうすればいいのか分かるか?
・代用有価証券がどのように評価されるのかわかるか?
・制度信用取引の決済期限は何ヶ月かわかるか?
・逆日歩とは何か?
・制度信用取引と一般信用取引の違いはわかるか?
・投資額以上の損失が発生するリスクがあることを分かっているか?
・2階建てとは何かわかるか?

以上にスンナリと答えられるのであればまず知識という面では問題ないでしょう。ただし、いくら上の内容が分かっていても、株式投資経験なしなどという場合は難しいでしょうが。

 

スポンサーリンク

信用取引おすすめ証券会社

証券会社ごとのスペック比較などは「信用取引におすすめの証券会社比較ランキング」をご覧ください

SMBC日興証券

SMBC日興証券の特徴はネット取引の信用取引手数料が「無料」となっている点です。取引手数料が無料なのでアクティブな信用取引に最適です。信用取引にお勧めの証券会社。
信用取引手数料(100万円):無料
信用金利(買方):2.50%
>>SMBC日興証券詳細情報